Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教委認定講習の論文が所在不明に、郵送過程で - 大阪府

大阪府は、大阪府教育委員会免許法認定講習の受講者が作成した論文が所在不明になったことを明らかにした。

同府によれば、認定講習の受講者44人が作成した論文の所在がわからなくなっているもの。

2022年9月5日に職員が成績審査のために認定講習の講師宅へ論文をレターパックライトで送付したが、未着になっているという。

職員は、翌6日に郵便追跡サービスで、論文が配達済みであることを確認。結果の連絡がないため同年11月18日に確認したところ、講師が論文を受け取っていないことが判明。郵便局では、配達員の配達履歴から誤配達の可能性は考えにくいとの見方を示しているという。

12月5日より対象となる受講者に電話で経緯を説明して謝罪。対象となる受講者の単位認定については、受講状況などより総合的に判断し、全員合格としたという。

(Security NEXT - 2023/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を