Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Fortinetの複数製品に脆弱性 - アップデートを提供

Fortinetが提供するロードバランサ「FortiADC」をはじめ、複数製品に脆弱性が明らかとなった。一部はアップデートを準備中だという。

「FortiADC」では、「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2022-39947」が判明した。ウェブインタフェースへアクセスできる場合に細工したリクエストによってコードやコマンドの実行が可能となる。

同社セキュリティチームが発見、報告したもので、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてスコアを「8.8」、重要度を「高(High)」とした。脆弱性を修正するアップデートについては準備を進めているという。

また「FortiTester」には、同じく重要度を「高(High)」としたコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2022-35845」が存在。グラフィカルユーザーインタフェースやAPIにおいて認証済みのユーザーにより悪用が可能としており、CVSS基本値は「7.8」。アップデートを提供している。

このほか3製品においても、重要度が「中(Medium)」とされる脆弱性についてアドバイザリを公開し、アップデートを用意している。

具体的には、「FortiManager」におけるユーザー管理の不備「CVE-2022-45857」や、「FortiPortal」におけるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-41336」について公表。さらにCVE番号が付番されていないが、「FortiWeb」のAPIにおいてヘッダーの挿入が可能となる脆弱性についても明らかとなっている。

(Security NEXT - 2023/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性
Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消