Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサービスフレームワーク「Apache CXF」に複数の脆弱性

ウェブサービスフレームワーク「Apache CXF」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

2件の脆弱性「CVE-2022-46364」「CVE-2022-46363」が判明したもの。「CVE-2022-46364」は、MTOMリクエストにおいてサーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の脆弱性で、開発チームでは、重要度を「重要(Important)」とレーティングしている。

一方、「CVE-2022-46363」は誤った設定が行われている場合に影響がある脆弱性。リモートよりディレクトリの一覧やコードの読み取りが可能にになるという。重要度は1段階低い「中(Moderate)」としている。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において「CVE-2022-46364」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」と評価。「CVE-2022-46363」についてはCVSS基本値を「7.5」、重要度を「高(High)」としている。

開発チームでは、12月13日にこれら脆弱性を修正した「同3.5.5」「同3.4.10」をリリース。利用者にアップデートを強く推奨している。なお、「「同3.4.x」については今回が最後のリリースとなる見込み。

(Security NEXT - 2022/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性