Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ADC」脆弱性、攻撃グループ「APT5」が悪用か - 米政府指摘

Citrix Systemsが提供する「Citrix ADC」「Citrix Gateway」にゼロデイ脆弱性が明らかとなった問題で、米政府はサイバー攻撃グループの「APT5」が同脆弱性を悪用していることを明らかにした。脅威を検出するためのガイダンスも提供している。

問題の「CVE-2022-27518」は、認証なしにリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性。Citrixでは、現地時間12月13日にセキュリティアドバイザリをリリースし、限定的な標的型攻撃に脆弱性が悪用されているとして、アップデートを呼びかけた。

今回の問題で、米国家安全保障局(NSA)は、別名「UNC2630」「MANGANESE」などとしても知られる攻撃グループ「APT5」が、同脆弱性を悪用していると指摘。

「Citrix ADC」を侵害されると、通常必要となる認証を回避しつつ、標的となる組織内部へサイバー攻撃が可能となり、大きな影響を及ぼすおそれがあることから、「Citrix ADC」を利用する組織向けに同攻撃グループの活動の痕跡を発見するための手順を取りまとめ、ガイダンスとして公開した。

同ガイダンスでは、永続的なアクセスを実現するために攻撃者がプログラムを改変する可能性があるとし、同アプライアンス内の主要なファイルをチェックするよう求めた。検知するためのシェルコマンドなども示している。

(Security NEXT - 2022/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消
PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県