Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ADC」脆弱性、攻撃グループ「APT5」が悪用か - 米政府指摘

Citrix Systemsが提供する「Citrix ADC」「Citrix Gateway」にゼロデイ脆弱性が明らかとなった問題で、米政府はサイバー攻撃グループの「APT5」が同脆弱性を悪用していることを明らかにした。脅威を検出するためのガイダンスも提供している。

問題の「CVE-2022-27518」は、認証なしにリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性。Citrixでは、現地時間12月13日にセキュリティアドバイザリをリリースし、限定的な標的型攻撃に脆弱性が悪用されているとして、アップデートを呼びかけた。

今回の問題で、米国家安全保障局(NSA)は、別名「UNC2630」「MANGANESE」などとしても知られる攻撃グループ「APT5」が、同脆弱性を悪用していると指摘。

「Citrix ADC」を侵害されると、通常必要となる認証を回避しつつ、標的となる組織内部へサイバー攻撃が可能となり、大きな影響を及ぼすおそれがあることから、「Citrix ADC」を利用する組織向けに同攻撃グループの活動の痕跡を発見するための手順を取りまとめ、ガイダンスとして公開した。

同ガイダンスでは、永続的なアクセスを実現するために攻撃者がプログラムを改変する可能性があるとし、同アプライアンス内の主要なファイルをチェックするよう求めた。検知するためのシェルコマンドなども示している。

(Security NEXT - 2022/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開