Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー

山形スズキは、パソコンより顧客情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、11月17日にサイバー攻撃を受け、パソコンを遠隔操作されて端末より顧客情報を窃取された可能性があるという。

対象となる顧客情報は2455件で、氏名と町名までの住所、車両情報などが含まれる。電話番号やクレジットカード情報は含まれていない。

同社ではネットワークから端末を隔離。警察へ被害を申し出るとともに、個人情報保護委員会へ報告を行っている。

(Security NEXT - 2022/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加