Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性

スケジューラープラットフォーム「Apache DolphinScheduler」のアラームプラグインに脆弱性が明らかとなった。

アラームのインスタンス管理において、コマンドインジェクションが可能となる脆弱性「CVE-2022-45462」が明らかとなったもの。

開発チームでは、ログインしたユーザーのみ悪用が可能となる脆弱性としており、重要度を「中(Moderate)」とレーティングしている。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、権限に関係なく悪用できるとし、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」と評価した。

同脆弱性は7月8日にリリースされた「同2.0.6」以降にて修正されており、同バージョン以降へアップデートするよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2022/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県