Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市

不正アクセスを行なった職員は「軽い気持ちで書いてしまった」「たまたま入れたことから、興味本位でログインを続けてしまった」と話しているという。住民に関する個人情報は異なるシステムのため、不正閲覧などはなかった。

今回の問題について同市では、データの改竄、個人情報の漏洩などはなかったとし、11月17日付けで同職員を戒告とする懲戒処分を実施した。

再発の防止に向けて初期パスワードを変更したほか、職員を対象とするコンプライアンス研修を実施している。

(Security NEXT - 2022/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんで不正なページが表示 - 手芸用品メーカー
企業承認者のメアド流出、システム不具合で - 案件紹介サービス
再委託先でメール誤送信、イベント参加者のメアド流出 - 香川県
不正アクセスを受け、不正なメール送信 - SOMPO HD傘下の開発会社
県立高でのメール誤送信、Outlookの「取消機能」で再発 - 三重県
「JBoss RichFaces」に対する脆弱性攻撃に注意喚起 - 米当局
ランサム被害、中小企業が6割弱 - 暗号化しない脅迫も
ネットバンク不正送金が前四半期の2倍超 - 過去最悪に
「サイバーセキュリティ関係法令 Q&Aハンドブック」が改訂
企業の健診結果を別企業へメールで誤送信 - 日大病院