Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市

名古屋市は、市立小学校において、個人情報が含まれる申請関係書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、所在不明となっているのは「要保護および準要保護児童生徒認定申請書」。2023年度入学予定の新小学1年生12人分の氏名、学年、保護者名、要保護および準要保護の区分などが含まれる。

11月8日、職員室で決裁文書として回議を行なっていた同申請書の所在が不明になっていることが判明した。校内を捜索したが発見できていない。対象となる児童の保護者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」