Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中

社会医療法人の生長会は、同法人が運営する給食提供施設「ベルキッチン」や関連施設のサーバがランサムウェアに感染したことを明らかにした。詳細を調べている。

10月31日6時ごろ、一部のサーバが立ち上がらない状態となっており、ランサムウェアの感染被害が判明したもの。障害発生より約1時間後に外部通信を遮断した。

同法人では原因や情報流出の影響などを調べるとともに復旧に向けて作業を進めている。給食事業において障害発生より数日間は提供時間に遅れが生じたが、計画通りに生産し、継続して提供しているという。

今回のランサムウェア感染に関連し、同法人へ業務を委託している大阪急性期・総合医療センターでは、「ベルキッチン」のシステム経由で侵入を受け、ランサムウェアに感染した可能性が高いことを公表しているが、同法人では関連性について調査中としている。

(Security NEXT - 2022/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ