Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL 3.0.6」がリリースに - 脆弱性1件を修正

OpenSSLの開発チームは、アップデートとなる「OpenSSL 3.0.6」をリリースした。脆弱性1件を解消している。

「同3.0」系において「NID_undef」を用いたカスタム暗号を利用すると、NULL暗号化を行い、暗号化されていない平文が出力されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-3358」が明らかとなったもの。開発チームは、脆弱性の重要度を4段階中もっとも低い「低(Low)」としている。

開発チームは、同脆弱性やバグに対処した「同3.0.6」をリリースした。「同1.1.1」「同1.0.2」については同脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2022/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
書留やゆうパックの預かり票が所在不明 - 神戸の郵便局
集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性