Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ

Meta傘下のWhatsAppが提供するスマートデバイス向けコミュニケーションアプリ「WhatsApp」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

確立したビデオ通話において整数オーバーフローが発生し、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-36934」が判明したもの。

さらに細工した動画ファイルを受け取った際、整数アンダーフローが発生し、コードを実行されるおそれがある「CVE-2022-27492」が明らかとなった。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると「CVE-2022-36934」は「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」と評価されている。「CVE-2022-27492」のCVSS基本値は「7.8」、重要度は「高(High)」。

同社はBusiness版も含め、AndroidおよびiOS向けにリリースした「同2.22.16.12」にて「CVE-2022-36934」を解消した。「CVE-2022-27492」についてもAndroidでは「同2.22.16.2」、iOSでは「同2.22.15.9」以降で修正済みだという。

(Security NEXT - 2022/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県