Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ

Meta傘下のWhatsAppが提供するスマートデバイス向けコミュニケーションアプリ「WhatsApp」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

確立したビデオ通話において整数オーバーフローが発生し、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-36934」が判明したもの。

さらに細工した動画ファイルを受け取った際、整数アンダーフローが発生し、コードを実行されるおそれがある「CVE-2022-27492」が明らかとなった。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると「CVE-2022-36934」は「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」と評価されている。「CVE-2022-27492」のCVSS基本値は「7.8」、重要度は「高(High)」。

同社はBusiness版も含め、AndroidおよびiOS向けにリリースした「同2.22.16.12」にて「CVE-2022-36934」を解消した。「CVE-2022-27492」についてもAndroidでは「同2.22.16.2」、iOSでは「同2.22.15.9」以降で修正済みだという。

(Security NEXT - 2022/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市