Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター

さいたま市民医療センターは、患者の診療情報を記録したデジタルカメラの所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同院によれば、8月23日に患者の診療情報を記録したデジタルカメラを紛失したもの。問題のカメラには診療に関する画像が記録されていた。

具体的には、5月6日以降に入院していた患者40人に関する皮膚の病変部位を撮影した画像や、血便や血尿などの排泄物の写真108件が保存されていた。氏名、IDなどの情報は含まれておらず、個人を特定できる画像としては、顔の病変部位を撮影した1件のみとしている。

同院では、対象となる患者と連絡を取っている。同院では、電子カルテに取り込んだ画像データの削除徹底、カメラ保管場所の確認など徹底し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市