Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ

音声や動画の処理機能を提供するオープンソースソフトウェアの「FFmpeg」に脆弱性が明らかとなった。悪意あるmp4ファイルを読み込むとコードを実行されるおそれがある。

同ソフトにおいて域外のメモリに書き込みを行う脆弱性「CVE-2022-2566」が明らかとなったもの。細工したmp4ファイルを処理するとリモートよりコードを実行されるおそれがある。

CVE番号を付番したGoogleでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.0」と評価した。一方、米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」では「7.8」としている。

GitHubのソースリポジトリで修正が行われ、開発者は同脆弱性に対処した「同5.1.1」を提供している。

(Security NEXT - 2022/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都立高で生徒情報含むファイルを紛失 - 生徒間に画像が拡散し判明
電子版会員の個人情報がウェブから閲覧可能に - 熊本日日新聞
がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正