Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は現地時間9月14日、「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に2件の脆弱性を追加した。

CISAでは、積極的に悪用が確認されている脆弱性をリスト化し、米連邦政府や行政機関に対し期限付きで対策を講じるよう求めており、対象リストに2件の脆弱性を追加したもの。

今回追加されたのは、「CVE-2022-37969」「CVE-2022-32917」の2件。

「CVE-2022-37969」は「Windows共通ログファイルシステムドライバ」に明らかとなった権限昇格の脆弱性で、マイクロソフトが現地時間9月13日に公開した月例セキュリティ更新で対応している。

一方、「CVE-2022-32917」は「macOS Monterey 12.6」「iOS 16」「同15.7」「iPadOS 15.7」のカーネルに明らかとなった脆弱性。Appleでは現地時間9月12日にアップデートを公開している。

いずれもアップデートのリリース時点で脆弱性が悪用されていることが判明していた。

(Security NEXT - 2022/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
地理空間データ共有OSS「GeoServer」にRCE脆弱性 - アップデートの実施を
「Apache HTTPD」のアップデートで旧脆弱性が再発 - 再度更新を