Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ

全国健康保険協会は、個人情報が記載された保健指導案内の控えや実施者名簿が所在不明となっていることを明らかにした。

同協会沖縄支部において、保健指導対象者がいる事業所に対して保健指導勧奨のために発送し、ウェブ面談の際にも使用した保健指導の案内控えと、実施者名簿を2021年7月2日以降、紛失していたもの。

2021年12月15日に保健指導対象者の継続支援を行うための準備段階で紛失していることが判明。支部内を捜索したが見つからず、協会本部へ報告した。

2022年2月18日に関連する事業所に電話で謝罪。同月24日に経緯を説明し、謝罪する書面を送付している。

(Security NEXT - 2022/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

洋菓子店になりすますフィッシング - 「受取人の確認」装う手口
業務用スマホでフィッシング被害 - 歯科用機器メーカー
ランサムウェア「ESXiArgs」対応でCISAとFBIが共同ガイダンス
米政府、ランサムウェア「ESXiArgs」の復旧ツール - 十分理解して使用を
クレカ会社装うフィッシングサイトの割合が激減 - 5%ほどに
受験生の個人情報を試験場で紛失した可能性 - 日大
PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
フィッシングURLが大幅減 - 10カ月ぶりに1万件下回る
厚労省、医療機関向けにセキュリティ対策のオンラインセミナー
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消