Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタのコネクテッドサービスで申込書約14万件が所在不明

2021年6月から12月にかけて調査結果の評価を行い、さらに12月に追加調査を実施。今回の発表に至ったという。

同社は原因について、販売店に対する運用ルールの説明が不十分でルールが徹底されていなかったことが原因だと説明。本誌取材に対して「不正な持ち出しはなかったと判断している」とコメントした。

サービスの利用において申込書の紛失による影響はないが、申込みの確認が必要となる顧客に対しては販売店より連絡を取るとしている。

(Security NEXT - 2022/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開