Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン会議「Zoom」のチャット機能に脆弱性 - 「zip爆弾攻撃」受けるおそれ

オンライン会議システムを提供するZoomは、セキュリティアップデートをリリースした。

「Zoom Client for Meetings」のチャット機能において高圧縮ファイルを用いた「zip爆撃攻撃」を受けるおそれがある脆弱性「CVE-2022-22780」が判明したもの。

脆弱性を悪用され、巨大なファイルが展開されるとリソースが枯渇し、サービス拒否に陥るおそれがある。脆弱性の重要度は「中(Medium)」、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「4.7」とレーティングされている。

「Windows」や「macOS」をはじめ、「Linux」「iOS」「Android」向けに提供されているクライアントに影響があり、脆弱性を修正した最新版へアップデートするよう求めている。

また「Windows」「macOS」におけるKeybaseクライアントにおいて、ユーザーにより展開されたメッセージを適切に削除できない脆弱性「CVE-2022-22779」も明らかとなった。重要度は「低(Low)」としておりアップデートにて修正している。

(Security NEXT - 2022/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性