Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールに個人情報含むファイルを誤添付 - 富山県

富山県は、複数の団体へ送信したメールにおいて、各団体の住所やメールアドレスが記載された表を誤って添付したことを公表した。

同県によれば、2月1日17時ごろ、冊子「とやまの国際交流2022」の作成依頼メールを国際交流団体、学校、ライオンズクラブ、ロータリークラブ、商工関係団体など250団体へ送信した際、各団体の住所やメールアドレス、担当者名が記載された表を誤って添付するミスがあったという。

送信から約10分後に受信した団体から指摘があり誤送信が判明。同県では同日、対象となる団体に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2022/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害