Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み

Impervaがクラウドで提供している「ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)」に、検知ルールを回避される深刻な脆弱性が含まれていたことがわかった。

「Imperva Cloud WAF」において、「Content-Encoding」を「gzip」としたHTTP POSTリクエストに対し、WAFルールが適用されずバイパスされる深刻な脆弱性「CVE-2021-45468」が含まれていたことが明らかになったもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが最高値「10」のところ、「9.8」とレーティングされている。

同脆弱性はBishop Foxが発見したもので、Impervaへ脆弱性を報告。2021年12月23日にパッチが適用されたという。

(Security NEXT - 2022/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性