Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を

キングジムのパスワード管理製品「ミルパス PW10」「同PW20」にパスワードを窃取されるおそれがある脆弱性が判明した。利用を中止するよう呼びかけられている。

両製品は、IDやパスワードなど最大200件を端末内部に保存してマスターパスワードで管理でき、液晶画面より確認できるハードウェア。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品のファームウェアに機微情報を暗号化していない脆弱性「CVE-2022-0183」が明らかとなった。端末へ物理的にアクセスできる第三者によって、保存されたパスワードを窃取されるおそれがあるという。

同社ではすでに両製品のサポートを終了しており、製品の使用を中止するよう利用者に呼びかけた。また廃棄にあたっては内部のデータをすべて消去するよう求めている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、公表にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2022/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ