Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器

石橋楽器店は、ウェブサイトの脆弱性を突く不正アクセスを受け、顧客のメールアドレスが流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、ウェブサーバに対して2021年12月20日にSQLインジェクション攻撃が行われたもの。2006年9月5日から2020年11月27日にかけてポイントカード会員に登録した顧客のメールアドレス9万8635件が外部に流出した可能性があるという。

不正アクセスでは、データベースのテーブルにアクセスされた痕跡が残っていたが、メールアドレスを狙ったもので、氏名や住所、クレジットカードの流出はなかったとしている。

同社では、対象となる顧客に対しては個別にメールで連絡を取っている。また個人情報保護委員会や警察に対しても報告を行った。不正アクセスを受けたプログラムについては停止し、対策を講じたという。

(Security NEXT - 2022/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正