Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高知県、職員装うメールに注意喚起 - 拡張子「.xlsm」ファイルを添付

高知県は、同県部署を装った「なりすましメール」が送信されているとして注意を呼びかけている。添付された「Excelファイル」を開くよう求める内容だった。

同県によれば、12月8日ごろより、同県土木部技術管理課の職員になりすましたメールが送信されていることが判明したもの。

複数のメールアドレスから送信されているものと見られるが、いずれも差出人の名前として「<技術管理課>」の文字列とともに同課メールアドレスが記載されており、同課より送信されたメールのように見せかけていた。

さらにメールにはマクロを埋め込んだファイルに用いる拡張子「.xlsm」がついたExcelファイルを添付。メールの本文は英語で記載されており、添付ファイルを開封するよう促していた。

(Security NEXT - 2021/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消