Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

試用版「McAfee Total Protection」のインストーラーに脆弱性

Windows向けに提供されている「McAfee Total Protection(MTP)」の試用版のインストーラに脆弱性が含まれていることがわかった。

権限昇格の脆弱性「CVE-2021-23877」が明らかとなったもので、インストール時に作成された特定ファイルを置き換えることで、管理者権限でコードを実行されるおそれがある。悪用は確認されていない。

同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「6.7」、重要度を「高(High)」と評価している。一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では「CVSSv3.1」のベーススコアを「7.8」とした。

同社では、8月11日に脆弱性を修正した「同16.0.36」をリリース。同バージョン以降の最新版インストーラーを利用するよう求めている。なお有料版のインストーラについては影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2021/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
PayPal、一部アカウントで誤って出金処理 - 不正アクセスは否定
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市