Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「さくらインターネット」を装うフィッシング - 「虚偽登録」「契約解除」など複数文面で出回る

ホスティングサービスなどを提供する「さくらインターネット」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして、同社やフィッシング対策協議会では注意喚起を行った。

フィッシングメールは、複数の文面で出回っており、「会員の登録情報に虚偽の内容がある」「約款に基づき利用契約を解除した」「登録のクレジットカード情報が更新された」など利用者の不安を煽る内容でいずれも同じURLに誘導していた。

フィッシングサイトは、会員向けのログイン画面のデザインを盗用しており、IDやパスワードなどを騙し取る。今回確認されたケースでは、中国の国別トップレベルドメイン「.cn」が使用されていた。

10月4日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。同協議会や同社では、偽サイトで誤って会員情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
東京電力の「くらしTEPCO web」装うフィッシング攻撃が発生中
ゆうちょ銀装うフィッシング攻撃 - 24時間以内のアクセス求める
住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連