Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラネクシーの一部製品サイトが改ざん - 海外サイトに誘導

ラネクシーは、同社一部製品のウェブサイトが改ざんされ、意図しないサイトへ転送される状態となっていたことを明らかにした。

改ざん被害が発生したのは、ウェブブラウザでさまざまなファイルの表示が可能となるドキュメントビューア「PrizmDoc」のプロダクトサイト。

同社によれば、8月29日22時半から同月31日20時20分ごろにかけてサイトのコードが改ざんされ、アクセスすると海外サイトへ自動的に遷移する状態だったという。

同社ではウェブサイトサイトを復旧した。同サイトでは顧客情報は保存しておらず、情報流出については否定している。

(Security NEXT - 2021/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
たち吉の陶磁器通販サイトでクレカ情報流出の可能性
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
ヘアアクセサリ通販でクレカ情報4538件が流出 - 9割超は不正カード情報
プライズ卸売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
横浜「ジョイナス」のサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社