Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社

宮城県で水産や観光事業を展開する阿部長商店は、ランサムウェアの攻撃により、業務関連情報や個人情報が暗号化されたことを明らかにした。

同社によれば、8月10日に同社基幹ネットワークがランサムウェア被害に遭い、サーバや端末に保管されていた業務関連情報をはじめ、顧客、従業員の一部個人情報が暗号化されたもの。

今回のサイバー攻撃にともない、情報が外部に流出した可能性もあり、同社では対策本部を設置し、外部専門家の協力を得ながら復旧へ向けて調査を進めているという。

被害の規模や対象となる具体的な情報については、「発表している以上のことは答えられない」として明らかにしておらず、脅迫の状況についてもコメントを避けた。

(Security NEXT - 2021/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ