Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社

宮城県で水産や観光事業を展開する阿部長商店は、ランサムウェアの攻撃により、業務関連情報や個人情報が暗号化されたことを明らかにした。

同社によれば、8月10日に同社基幹ネットワークがランサムウェア被害に遭い、サーバや端末に保管されていた業務関連情報をはじめ、顧客、従業員の一部個人情報が暗号化されたもの。

今回のサイバー攻撃にともない、情報が外部に流出した可能性もあり、同社では対策本部を設置し、外部専門家の協力を得ながら復旧へ向けて調査を進めているという。

被害の規模や対象となる具体的な情報については、「発表している以上のことは答えられない」として明らかにしておらず、脅迫の状況についてもコメントを避けた。

(Security NEXT - 2021/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応