Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社

日本信号の子会社で信号機器などの製造、販売を手がける札幌日信電子は、サイトが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同社によれば、5月25日にウェブサイトの更新に用いるアプリケーションに対して外部より不正にログインされ、フィッシングサイトが設置されたもの。翌26日に改ざん被害へ気が付きサイトを閉鎖した。

同社では、サーバ内のコンテンツをすべて削除。アプリケーションを再度インストールしてバックアップデータを復元。改ざんの防止や検知対策を導入した上で7月12日にサイトを再開した。同サイトにおいて、利用者に関する個人情報の取り扱いはなかったという。

(Security NEXT - 2021/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大