Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社

日本信号の子会社で信号機器などの製造、販売を手がける札幌日信電子は、サイトが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同社によれば、5月25日にウェブサイトの更新に用いるアプリケーションに対して外部より不正にログインされ、フィッシングサイトが設置されたもの。翌26日に改ざん被害へ気が付きサイトを閉鎖した。

同社では、サーバ内のコンテンツをすべて削除。アプリケーションを再度インストールしてバックアップデータを復元。改ざんの防止や検知対策を導入した上で7月12日にサイトを再開した。同サイトにおいて、利用者に関する個人情報の取り扱いはなかったという。

(Security NEXT - 2021/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
健康器具メーカーのインスタアカが乗っ取り被害 - フィッシングで
NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から
JRA海外駐在員事務所でフィッシング被害 - メールボックスに不正アクセス
職員メルアカに不正アクセス、スパム約3万件が送信される - 北海道大病院
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - TRE HDグループ会社
メルアカに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - JR西日本ホテルズ
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
メルアカ乗っ取り被害、フィッシング攻撃の踏み台に - 京大高等研究院