Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ

「Citrix ADC(旧NetScaler ADC)」や「Citrix Gateway(旧NetScaler Gateway)」に複数の脆弱性が明らかとなった。一部脆弱性は、「Citrix SD-WAN WANOP Edition」も影響を受けるという。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、アプライアンスにおいてディスクスペースの消費が適切に制限されておらず、認証なしに管理画面へアクセスが可能となる「CVE-2021-22919」が判明した。

フィッシング攻撃により、SAML認証を乗っ取られるおそれがある脆弱性「CVE-2021-22920」や
セッションIDの固定化が生じる脆弱性「CVE-2021-22927」が存在。いずれも「SAML SP(サービスプロバイダ)」として利用した場合に影響を受ける。

また「CVE-2021-22919」に関しては、「Citrix SD-WAN WANOP Edition」にも含まれるという。

同社は脆弱性を修正したアップデートをリリース。可能な限り早く適用するよう利用者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会