Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RTOS「Apache NuttX」に深刻な脆弱性 - 5月末の更新で修正済み

Apache Software FoundationのインキュベーターであるリアルタイムOSの「Apache NuttX」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

同OSに用意された関数「malloc」「realloc」「memalign」において、整数オーバーフローの脆弱性「CVE-2021-26461」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると、リモートよりコードを実行されたり、システムがクラッシュするおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同脆弱性は、5月26日にリリースされた「同10.1.0」で修正済みだという。

(Security NEXT - 2021/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」