Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向け「ウイルスバスタークラウド」にコードインジェクションの脆弱性

トレンドマイクロのセキュリティ対策製品「ウイルスバスタークラウド」にコードインジェクションの脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、Windows向けに提供されている「同17.0」および「同16.0」にコードインジェクションの脆弱性「CVE-2021-25251」が明らかとなったもの。

管理者権限が必要となるが、悪用された場合、任意のコードを実行され、プログラムのパスワード保護やシステムの保護を無効にされるおそれがあるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.2」。

周知を目的に同社がJPCERTコーディネーションセンターへ報告した。すでにアップデートは自動配信で提供されているが、更新されていない場合は「同17.0.1222」「同16.0.1413」以降へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も