Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向け「ウイルスバスタークラウド」にコードインジェクションの脆弱性

トレンドマイクロのセキュリティ対策製品「ウイルスバスタークラウド」にコードインジェクションの脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、Windows向けに提供されている「同17.0」および「同16.0」にコードインジェクションの脆弱性「CVE-2021-25251」が明らかとなったもの。

管理者権限が必要となるが、悪用された場合、任意のコードを実行され、プログラムのパスワード保護やシステムの保護を無効にされるおそれがあるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.2」。

周知を目的に同社がJPCERTコーディネーションセンターへ報告した。すでにアップデートは自動配信で提供されているが、更新されていない場合は「同17.0.1222」「同16.0.1413」以降へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート