Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、原因や影響を調査 - 伯東

電子機器などを扱う伯東は、同社サーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。原因や影響について調べている。

同社によれば、2月8日にサーバに対する不正アクセスを認知。アクセスを遮断するとともに、不正アクセスの対象となったファイルや情報流出の有無、原因などを調べている。

現在調査中であるとし、不正アクセスを認知した経緯などもコメントは得られなかった。調査によりあらたな事実が判明した場合は公表するとしている。

(Security NEXT - 2021/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース