Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正

Oracleは、定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースし、「Java SE」の脆弱性を解消した。

「Java SE 8」「同7」において、信頼できないコードを読み込み、実行した場合にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-14803」に対処したもの。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のスコアは「5.3」。

「CVE-2020-14803」は当初公表された際、「同15」「同11.0.8」に影響がある脆弱性として、前回2020年10月のクリティカルパッチアップデートで「同15.0.1」「同11.0.9」として修正が行なわれていた。

同日、別の脆弱性を修正した「同8u271」「同7u281」があわせてリリースされているが、これらに「CVE-2020-14803」が含まれていたもので、同脆弱性を修正した「同7u291」「8u281」が今回リリースされた。

(Security NEXT - 2021/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み