Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正

Oracleは、定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースし、「Java SE」の脆弱性を解消した。

「Java SE 8」「同7」において、信頼できないコードを読み込み、実行した場合にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-14803」に対処したもの。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のスコアは「5.3」。

「CVE-2020-14803」は当初公表された際、「同15」「同11.0.8」に影響がある脆弱性として、前回2020年10月のクリティカルパッチアップデートで「同15.0.1」「同11.0.9」として修正が行なわれていた。

同日、別の脆弱性を修正した「同8u271」「同7u281」があわせてリリースされているが、これらに「CVE-2020-14803」が含まれていたもので、同脆弱性を修正した「同7u291」「8u281」が今回リリースされた。

(Security NEXT - 2021/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社