Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処

SAPは、1月のセキュリティアップデートをリリースし、CVEベースで26件の脆弱性を修正した。CVSS値が「9.9」とされる脆弱性も複数含まれる。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてアップデートをリリースし、あらたに26件の脆弱性を修正した。

また2020年にリリースしたアドバイザリ7件についてもあわせて更新。コードインジェクション、認証における不備、情報漏洩、サービス拒否など幅広い脆弱性に対処しており、対応を呼びかけている。

今回あらたに修正された脆弱性のうち、「SAP Business Warehouse」における「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-21465」や、「コードインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-21466」は特に注意が必要。

共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」のベーススコアはいずれも「9.9」で、適用優先度は、4段階中もっとも高い「Hot News」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2021/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性