Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処

SAPは、1月のセキュリティアップデートをリリースし、CVEベースで26件の脆弱性を修正した。CVSS値が「9.9」とされる脆弱性も複数含まれる。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてアップデートをリリースし、あらたに26件の脆弱性を修正した。

また2020年にリリースしたアドバイザリ7件についてもあわせて更新。コードインジェクション、認証における不備、情報漏洩、サービス拒否など幅広い脆弱性に対処しており、対応を呼びかけている。

今回あらたに修正された脆弱性のうち、「SAP Business Warehouse」における「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-21465」や、「コードインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-21466」は特に注意が必要。

共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」のベーススコアはいずれも「9.9」で、適用優先度は、4段階中もっとも高い「Hot News」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2021/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド