Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Big Sur 11.1」を公開 - 「Catalina」「Mojave」向けにもアップデート

Appleは、最新OSとなる「macOS Big Sur 11.1」およびセキュリティアップデート「「Security Update 2020-001 Catalina」「Security Update 2020-007 Mojave」をリリースした。

OSによって修正の対象となる脆弱性は異なるが、今回のアップデートでは、CVEベースであわせて59件の脆弱性に対処した。

カーネルに関する脆弱性7件をはじめ、フォントやイメージ、音声などの処理に関する脆弱性、Wi-Fi、Bluetooth、WebRTC、App Storeに明らかとなった脆弱性を解消している。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-9943
CVE-2020-9944
CVE-2020-9956
CVE-2020-9960
CVE-2020-9962
CVE-2020-9967
CVE-2020-9974
CVE-2020-9975
CVE-2020-9978
CVE-2020-10002
CVE-2020-10004
CVE-2020-10007
CVE-2020-10009
CVE-2020-10010
CVE-2020-10012
CVE-2020-10014
CVE-2020-10015
CVE-2020-10016
CVE-2020-10017
CVE-2020-13524
CVE-2020-15969
CVE-2020-27896
CVE-2020-27897
CVE-2020-27898
CVE-2020-27901
CVE-2020-27903
CVE-2020-27906
CVE-2020-27907
CVE-2020-27908
CVE-2020-27910
CVE-2020-27911
CVE-2020-27912
CVE-2020-27914
CVE-2020-27915
CVE-2020-27916
CVE-2020-27919
CVE-2020-27920
CVE-2020-27921
CVE-2020-27922
CVE-2020-27923
CVE-2020-27924
CVE-2020-27926
CVE-2020-27931
CVE-2020-27941
CVE-2020-27943
CVE-2020-27944
CVE-2020-27946
CVE-2020-27947
CVE-2020-27948
CVE-2020-27949
CVE-2020-27952
CVE-2020-29611
CVE-2020-29612
CVE-2020-29616
CVE-2020-29617
CVE-2020-29618
CVE-2020-29619
CVE-2020-29620
CVE-2020-29621

(Security NEXT - 2020/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響