Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Big Sur 11.1」を公開 - 「Catalina」「Mojave」向けにもアップデート

Appleは、最新OSとなる「macOS Big Sur 11.1」およびセキュリティアップデート「「Security Update 2020-001 Catalina」「Security Update 2020-007 Mojave」をリリースした。

OSによって修正の対象となる脆弱性は異なるが、今回のアップデートでは、CVEベースであわせて59件の脆弱性に対処した。

カーネルに関する脆弱性7件をはじめ、フォントやイメージ、音声などの処理に関する脆弱性、Wi-Fi、Bluetooth、WebRTC、App Storeに明らかとなった脆弱性を解消している。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-9943
CVE-2020-9944
CVE-2020-9956
CVE-2020-9960
CVE-2020-9962
CVE-2020-9967
CVE-2020-9974
CVE-2020-9975
CVE-2020-9978
CVE-2020-10002
CVE-2020-10004
CVE-2020-10007
CVE-2020-10009
CVE-2020-10010
CVE-2020-10012
CVE-2020-10014
CVE-2020-10015
CVE-2020-10016
CVE-2020-10017
CVE-2020-13524
CVE-2020-15969
CVE-2020-27896
CVE-2020-27897
CVE-2020-27898
CVE-2020-27901
CVE-2020-27903
CVE-2020-27906
CVE-2020-27907
CVE-2020-27908
CVE-2020-27910
CVE-2020-27911
CVE-2020-27912
CVE-2020-27914
CVE-2020-27915
CVE-2020-27916
CVE-2020-27919
CVE-2020-27920
CVE-2020-27921
CVE-2020-27922
CVE-2020-27923
CVE-2020-27924
CVE-2020-27926
CVE-2020-27931
CVE-2020-27941
CVE-2020-27943
CVE-2020-27944
CVE-2020-27946
CVE-2020-27947
CVE-2020-27948
CVE-2020-27949
CVE-2020-27952
CVE-2020-29611
CVE-2020-29612
CVE-2020-29616
CVE-2020-29617
CVE-2020-29618
CVE-2020-29619
CVE-2020-29620
CVE-2020-29621

(Security NEXT - 2020/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開