Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋

網屋は、ログ管理ソフトの新版「ALog v8.1.3」を発表した。内部不正やサイバー攻撃の検知を強化したという。

同製品は、ファイルサーバをはじめ、ログの統合管理や、機械学習による不正の自動検知機能を搭載したログ管理ソリューション。今回の新版では自動検知を行うパッケージを追加した。

「サイバー攻撃自動検知パック」「内部不正AIパック」「Microsoft 365対応パック」の3種類を用意。インストールすると典型的なサイバー攻撃など、普段と異なる動作などをもとにリスクとして検知、管理者へ通知できる。

同社では、新版の発売により、今後2年間で1000社への販売を予定している。

(Security NEXT - 2020/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT