Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性

WordPress向けプラグイン「Paid Memberships Pro」に「SQLインジェクション」の脆弱性が明らかとなった。アップデートで修正されている。

データベース内の情報を取得したり、操作することが可能となる「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2020-5579」が明らかとなったもの。ただし、同脆弱性を悪用するには管理画面へのアクセスできる権限が必要となる。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同脆弱性は三井物産セキュアディレクションの奥野健一氏により情報処理推進機構(IPA)へ報告されたもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

開発者は、同脆弱性やエスケープ処理の強化などセキュリティ面の修正や、複数のバグに対処した「2.3.3」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
「EC-CUBE 2」系に複数の脆弱性 - アップデートが公開
Siemensの「Nucleus RTOS」に13件の脆弱性が判明