Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増

情報処理推進機構(IPA)は、2020年第1四半期に届け出があった脆弱性の状況を取りまとめた。同四半期の届け出は263件で、ウェブサイト関連が倍増した。

同機構が、2020年第1四半期に情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドラインを通じて届け出があった脆弱性について取りまとめたもの。同四半期の届け出は263件となり、前四半期の171件から92件増加した。

内訳を見ると、ソフトウェア関連の脆弱性に関する届け出が62件。前四半期の66件を4件下回った。一方ウェブサイト関連は201件で、前四半期の105件から96件増となった。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア関連が4517件、ウェブサイト関連が1万972件。合計で1万5489件となる。ウェブサイト関連の届け出が全体の約7割を占める。1日あたりの届け出件数は4.04件で前四半期から変動はなかった。

20200515_ip_001.jpg
脆弱性の届け出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ