Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チーズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か

チーズを取り扱うオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

蔵王酪農センターによれば、同社が運営する蔵王チーズオンラインショップのシステムにおける脆弱性が突かれ、攻撃者によって設置された偽の決済フォームへ情報を入力するよう誘導されたもの。

2019年4月25日から同年12月4日にかけて、決済時に同フォームへ入力されたクレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなど268人分の顧客情報が流出し、一部が不正利用された可能性がある。

2019年12月3日に、商品を購入した顧客から、同サイト利用者のクレジットカード情報が流出している可能性があるとの指摘があり、翌4日にカード決済を停止。外部の調査会社による調査を行っていた。

同法人では、3月12日に個人情報保護委員会および警察への報告。対象となる顧客に対しては、4月6日よりメールと書面を通じて謝罪し、心当たりのない請求が行われていないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性