Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外子会社に不正アクセス、スパムの踏み台に - 化学工業メーカー

化学工業メーカーのトクヤマは、子会社において従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、海外子会社のTokuyama Asia Pacificにおいて、従業員のメールアカウントが窃取されたもの。同アカウントから約440件の宛先に迷惑メールが送信されたという。

原因や被害状況など調査を進めているが、二次被害などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社
博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
出版目録のサイトに不正アクセス、メアドが流出 - 全社協
東北工業大の関連サイトで改ざん被害 - ファイル内に難読化スクリプト