Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外子会社に不正アクセス、スパムの踏み台に - 化学工業メーカー

化学工業メーカーのトクヤマは、子会社において従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、海外子会社のTokuyama Asia Pacificにおいて、従業員のメールアカウントが窃取されたもの。同アカウントから約440件の宛先に迷惑メールが送信されたという。

原因や被害状況など調査を進めているが、二次被害などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバに不正アクセス、原因や影響など調査中 - 共英製鋼
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因や影響を調査 - 伯東
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス