Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず

千葉県の職員を装ったなりすましメールが確認されたとして、同県では注意喚起を行った。同県システムでマルウェアの感染は確認されていないという。

20200123_cp_001.jpg
なりすましメールの文面(画像:千葉県)

同県によれば、1月17日に県内の企業から同県職員を名乗る不審なメールが届いたとの通報があり、調査したところ、マルウェア「Emotet」により送信された疑いがある「なりすましメール」であることが判明した。

同県では、過去に業務でメールをやり取りしたことがある関係者に対して注意喚起を行うとともに、県のシステムについて点検を実施。マルウェアの感染などは見つかっていないという。

現時点で同県が確認しているメールでは、差出人に県職員の名前やメールアドレスが記載されているが、実際には県のドメインとは異なるメールアドレスから送信されていた。

同県は、県や職員を名乗るメールを受け取った場合は、メールアドレスなどに不審な点がないかよく確認するよう注意を喚起。なりすましメールのURLや添付ファイルを誤って開封しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
MS、月例パッチで脆弱性56件を修正 - 一部で悪用も
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
東大総長を装う「なりすましメール」に注意
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA