Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関空免税店サイトで不具合 - 他顧客情報が閲覧可能に

関西国際空港の直営免税店「KIX DUTY FREE」が提供する出発前予約サイトでシステムに不具合があり、ログインしている会員の個人情報が、別の顧客から閲覧できる状態だったことがわかった。

同サイトを運営する関西エアポートリテールサービスによれば、12月10日18時前から11日10時半ごろにかけて、日本語、英語、韓国語、中国語で提供しているモバイル向けサイトと、中国語のパソコン向けサイトで不具合が発生した。

同サイトへ会員登録しており、期間中にログインした会員最大816人分の個人情報が、別のログイン中の顧客より一時閲覧できる状態となった。

氏名と電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、クレジットカード下3桁と有効期限、予約履歴、カートに入っている商品など含まれる。本人以外の予約手続きや会員情報の変更などは確認されていないという。

同社では12月11日10時半に同サイトを停止。原因の特定と不具合を解消し、13日20時半にサイトを再開した。

(Security NEXT - 2019/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業