Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取

ショートメッセージサービス(SMS)で偽サイトへ誘導し、アカウント情報や銀行口座のログイン情報を詐取するフィッシング攻撃が確認されているとして、NTTドコモが注意喚起を行った。

同社によれば、問題のSMSは、同社サービス「dアカウント」で不正利用があったなどと不安をあおる内容で、誘導先のフィッシングサイトでは複数段階にわたって情報を窃取するという。

ショートメッセージより最初に誘導されるページでは、「dアカウント」のログインページを偽装しており、アカウント情報を詐取。次のページでは銀行口座による本人確認手続きなどと称して、利用している金融機関を回答させていた。

金融機関を選択すると銀行の偽サイトに遷移。銀行の口座番号や暗証番号などをだまし取る。実際に情報を詐取され、不正利用される被害が発生しているという。

同社は、dアカウントにおいて銀行口座を用いた本人確認は行っていないと説明。心当たりがないSMSを受信した場合に注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を