Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「楽天」や「LINE」の偽メールに注意 - 警告を無視するよう指示

「楽天」「LINE」など著名なサービスを装うフィッシングが相次いで確認されている。類似した攻撃が次々と展開されており、注意が必要だ。

「楽天」を装ったフィッシングメールは、「支払い方法の承認ができず、rakutenプライムの無料体験を利用できない」などと記載。あたらしい支払い情報の入力が必要などと説明し、偽サイトへ誘導していた。

楽天では、会員向けに「楽天プレミアム」は提供しているものの、「rakutenプライム」なるサービスは存在しない。「Amazon」を装ったフィッシングメールとの類似点もあり、他ブランドで送信されたフィッシングメールを再利用していると見られる。

一方「LINE」のフィッシングメールでは、「異常ログインされた」などとして、ウェブサイト上で検証を行うよう求める内容だった。

他端末でアカウントが使用されようとしている警告メッセージが届いても自身の操作なので問題ないなどと説明。警告を無視して操作を続けるよう促していた。また8時から15時までの間に検証作業を行うよう求めており、攻撃者が稼働している時間帯である可能性が高い。

フィッシング対策協議会では、これらサイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼するとともに、類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導