Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「楽天」や「LINE」の偽メールに注意 - 警告を無視するよう指示

「楽天」「LINE」など著名なサービスを装うフィッシングが相次いで確認されている。類似した攻撃が次々と展開されており、注意が必要だ。

「楽天」を装ったフィッシングメールは、「支払い方法の承認ができず、rakutenプライムの無料体験を利用できない」などと記載。あたらしい支払い情報の入力が必要などと説明し、偽サイトへ誘導していた。

楽天では、会員向けに「楽天プレミアム」は提供しているものの、「rakutenプライム」なるサービスは存在しない。「Amazon」を装ったフィッシングメールとの類似点もあり、他ブランドで送信されたフィッシングメールを再利用していると見られる。

一方「LINE」のフィッシングメールでは、「異常ログインされた」などとして、ウェブサイト上で検証を行うよう求める内容だった。

他端末でアカウントが使用されようとしている警告メッセージが届いても自身の操作なので問題ないなどと説明。警告を無視して操作を続けるよう促していた。また8時から15時までの間に検証作業を行うよう求めており、攻撃者が稼働している時間帯である可能性が高い。

フィッシング対策協議会では、これらサイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼するとともに、類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を