Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性

VMwareは、「Pivotal Cloud Foundry」向けに提供している「Harbor Container Registry」に深刻な脆弱性が見つかったとしてアップデートをリリースした。

「VMware Harbor Container Registry for PCF」に脆弱性「CVE-2019-16919」が明らかとなったもの。また「VMware Cloud Foundation」においてオプションでコンポーネントを導入している場合に影響を受ける。

同脆弱性では、APIにおけるアクセス制御が適切に行われず、プロジェクトのアクセス権限を持つ場合に隣接するプロジェクトのイメージについても操作が可能となるという。

共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のスコアは「9.1」で重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

「VMware Harbor Container Registry for PCF 1.8.x」に影響があり、同社では脆弱性を修正した「同1.8.4」をリリースした。ただし「同1.7.x」は影響を受けない。「VMware Cloud Foundation」についてはパッチの準備が進められている。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令