Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざん、入力内容確認ページなどから不正サイトに誘導 - 着物レンタル会社

着物のリメイクやレンタルサービスを提供するオリフリにおいて、ウェブサイトの一部ページが改ざんされ、一時クレジットカード番号を詐取するフィッシングサイトへ誘導される状態だったことがわかった。

同サイトを運営するハリスによれば、9月7日19時ごろから17日12時ごろにかけてパソコン向けのウェブサイトが改ざんされたもの。

支払い方法や届け時間の指定に関するページや、注文完了前に表示される入力内容の確認ページを閲覧すると、フィッシングサイトに誘導される状態だった。誘導先のページでは、クレジットカード番号の入力が求められるという。

同社では、同月18日にプログラムを改修。日本国外のIPアドレスによるアクセスを制限した。

同社に被害報告は寄せられていないが、誘導先のフィッシングサイトへ誤ってクレジットカード番号を入力してしまった心当たりがある場合は、クレジットカード会社に連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に