Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「国際日本研究」コンソーシアムのサイトが改ざん - 無関係の商品ページ設置される

「国際日本研究コンソーシアム」のウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、無関係の商品購入ページが設置されたことがわかった。情報流出やマルウェアへ感染するおそれなどはなかったという。

国際日本文化研究センターによれば、同サイトのコンテンツ管理画面が不正アクセスを受けたもの。多数の不正なファイルがサイト内に設置され、無関係の商品購入ページが表示される状態だった。検索サイトにも登録されていたという。

5月7日に外部から指摘があり、問題が発覚。同日サービスを停止し、調査を進めていた。不正に設置された商品購入ページに、クレジットカード情報を窃取したり、マルウェアなど閲覧者に影響を与える改ざんはなかったという。

原因については、同サイトのコンテンツ管理画面にアクセス権限を設定しておらず、さらにパスワードも推測されやすいものだったことから第三者によるログインを許したという。

同センターでは、同サイトの基盤をレンタルサーバから同センターが管理する内部サーバへ変更。再発防止策を講じて7月31日に同サイトを再開した。今回の不正アクセスによる個人情報や機密情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2019/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
和装店のオンラインショップに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション