Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性

オムロン製の制御機器向けツールパッケージ「CX-One」の一部に任意のコードが実行可能となる脆弱性が判明した。

同製品は、「PLCプログラミングツール」などをはじめ、FAの設計や運用に必要なツールを提供するパッケージ。

同製品に含まれる「CX-Protocol」においてプロジェクトファイルの処理に「型の取り違え」の脆弱性「CVE-2018-19027」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがあるという。

脆弱性の判明を受け、同社ではアップデートとなる「同2.01」をリリース。セキュリティ機関からも注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性