Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性

オムロン製の制御機器向けツールパッケージ「CX-One」の一部に任意のコードが実行可能となる脆弱性が判明した。

同製品は、「PLCプログラミングツール」などをはじめ、FAの設計や運用に必要なツールを提供するパッケージ。

同製品に含まれる「CX-Protocol」においてプロジェクトファイルの処理に「型の取り違え」の脆弱性「CVE-2018-19027」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがあるという。

脆弱性の判明を受け、同社ではアップデートとなる「同2.01」をリリース。セキュリティ機関からも注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック