Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸大、業務PCでアダルトサイト閲覧した職員処分 - 2年で約1220時間

神戸大学は、業務用パソコンでアダルトサイトを閲覧していた職員に対し、停職6カ月の懲戒処分を行った。

同大によれば、事務職員が業務用に貸与されているパソコンとネットワークを私的に使用。断続的にアダルトサイトを閲覧していたという。内部から通報があり、本人と関係者から聞き取り調査を行ったところ、問題が判明した。

同職員が業務用のシステムを利用してアダルトサイトを閲覧していた時間は、調査対象となった約2年間で労働時間の内外あわせて約1220時間。そのうち約730時間は勤務時間内だったという。

同大では、職員として不適切な行為であり、同大の就業規則で定められている勤務怠慢や備品の私的利用など違反行為にあたるとして、同職員に対し、停職6カ月の懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2018/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁