Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに便乗した攻撃が実際に展開された模様だ。攻撃者は、日本や米国など約17万人以上にフィッシングメールを送信したと主張しているという。

Antuitがダークウェブで観測した情報によれば、攻撃者は5回にわたる攻撃キャンペーンを計画。すでに初回のキャンペーンを展開したとしており、日本や米国内におけるビジネスユーザーやコンシューマーなど17万4000人にフィッシングメールが送信されたと見られる。

またフィッシングメールのために用意されたと見られるメールの文案では、「東京2020組織委員会」を名乗り、「無料チケットオリンピック」といった件名を想定していた。

本文も日本語で作成されており、メールの受信者が「幸運な参加者に選ばれた」などと説明。無料航空券や金券を提供するなどとだまし、外部サイトへ誘導しようとしていた。翻訳ツールを用いたと見られ、やや不自然な言い回しも見られる。

東京オリンピック・パラリンピックに便乗しようとする攻撃は、フィッシングに限らず、マルウェアへ感染させることを目的とした動きも観測されており、引き続き注意が必要だ。

20180906_an_001.jpg
フィッシング攻撃に用いられたと見られる文案(画像:Antuit)

(Security NEXT - 2018/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導