Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL

「MUFGカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。複数の短縮URLを利用してフィッシングサイトへ誘導していた。

20180621_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

攻撃に使われたフィッシングメールは、「三菱UFJダイレクト」といった件名で送信されているもので、本文では「アカウント情報の有効期限が切れました」などと説明。

HTMLメールには、「持続する」との不自然な言い回しを用いたボタンを設置。リンクには短縮URLを使用し、最終的にフィッシングサイトへ誘導。正規サイトを模したフィッシングサイトで、アカウント情報やクレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

6月21日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では、JPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意